船旅

様々なタイミングが北海道への船旅を示唆していたため、夏休みにそれを敢行および観光した話。

  1. 猛暑なので涼しい北海道に行きたい
  2. 昨年まで毎年夏に利用していた会社の直営保養所がすべて閉鎖となった
  3. そのかわりに提携保養所としてのホテルや旅館が増えた
  4. 北海道内の宿も一気に選択肢が増えた
  5. おりしも子供たちから「飛行機に乗ってみたい」というリクエストが上がっていた
  6. いっぽうで大型客船での船旅ブームも到来していた
  7. のんびり船旅というのも良さそう
  8. 北海道内の移動にはクルマが必要
  9. それならフェリーでクルマごと行くのがいいのではないか
  10. 国内フェリーの多くは未就学児については無料
  11. 来年は末っ子も小学生になり、この恩恵を受けられるのは今年が最後
  12. このあたりの高校の修学旅行はだいたい沖縄(たまに北海道)なので、遠からず飛行機に乗る機会が来る

ということで、今年は船だろうという示唆が多かったため、船で北海道に行ってまいりました。出発→船中泊→旅館泊→旅館泊→船中泊→帰宅 という4泊5日の旅です。

東京圏からクルマごと北海道に渡りたい場合、選択肢となるフェリー航路は以下の9つです。(2018年8月現在)

区間運航会社便数(往復)所要時間
最早
最遅
通常期の運賃[円]
4~5m車1台
個室利用
大2+小2+幼1
船舶名
大洗〜苫小牧(西)三井商船フェリー週12便17h45m
19h15m
71,060さんふらわあさっぽろ
さんふらわあふらの
さんふらわあしれとこ
さんふらわあだいせつ
仙台〜苫小牧(西)太平洋フェリー1日1便15h00m
15h20m
67,400いしかり
きそ
きたかみ
新潟〜小樽新日本海フェリー週6便16h15m
16h30m
60,700らべんだあ
あざれあ
秋田〜苫小牧(東)新日本海フェリー週6便10h30m
12h05m
80,500らいらっく
ゆうかり
宮古〜室蘭川崎近海汽船1日1便10h00m56,000シルバークイーン
八戸〜苫小牧(西)川崎近海汽船1日4便7h15m
8h30m
50,000シルバープリンセス
シルバーティアラ
べにりあ
シルバーエイト
青森〜函館青函フェリー1日8便3h30m
4h00m
23,760はやぶさ
あさかぜ21
3号はやぶさ
あさかぜ5号
青森〜函館津軽海峡フェリー1日8便3h40m24,120ブルーハピネス
ブルードルフィン
ブルーマーメイド
ブルードルフィン2
大間〜函館津軽海峡フェリー1日2便1h30m18,010
(カジュアルシート)
大函丸

今回はのんびりと船旅を楽しむ趣旨ですから、あまり短時間ではなく、設備や食事もそれなりに充実している航路が候補。オーソドックスには最も東京圏から近い、つまり乗船までの行程が短く済む、茨城県の大洗港が第一候補となります。次いで仙台港、そして新潟港。これらの3航路以外は、今回の旅では候補から外れます。

最初に考えたのは、往路は大洗→苫小牧、復路は小樽→新潟で、太平洋と日本海を一度に楽しむという欲張りプランでした。行きは大洗を19:45に出航し、翌日13:30に苫小牧に到着。帰りは小樽を17:00に出航し、翌日9:15に新潟に到着。このプランでは北海道に着く時間帯がやや遅いのと、最終日は乗船手続きを15:30までに済ませること(出航90分前までに手続きというパターンが多い)になり、北海道に滞在する時間が少し短く、慌ただしい感じになります。

候補の3航路について、今回の日程での情報をまとめると、

方向出発港/時刻到着港/時刻所要時間船舶名食事
本州→北海道大洗 19:45苫小牧 13:3017h45mさんふらわあふらのバイキング
本州→北海道仙台 19:40苫小牧 11:0015h20mきそバイキング
本州→北海道新潟 12:00小樽 4:3016h30mあざれあカフェテリア
北海道→本州苫小牧 18:45大洗 14:0019h15m(運航なし)
北海道→本州苫小牧 19:00仙台 10:0015h00mいしかりバイキング
北海道→本州小樽 17:00新潟 9:1516h15mあざれあカフェテリア

北海道に滞在する時間を考えると、太平洋フェリーが良さそうです。バイキング形式のレストランも評判が良いですし。さらに、太平洋フェリーの場合、今回の日程であれば「早割」が使えるため、うまく予約できれば費用面でも助かります。

そんなわけで、結局は往復とも仙台~苫小牧となりました。ちなみに、往路は早割が予約できましたが、復路は予約できず「片道フルパック」を選択しました。

方向船舶名割引プラン客室運賃[円]食事代[円]
夕食+朝食
仙台→苫小牧きそ早割1等洋室(インサイド)×2室39,10010,000
苫小牧→仙台いしかり片道フルパック1等和洋室(アウトサイド)×2室68,0000 (運賃に含まれる)

早割はものすごくお得といえます。車1台の運搬費込みでこれですからね。飛行機で行った場合の現地でのレンタカー代を考えると、さらにお得感が際立ちます。

往路のきそ・復路のいしかりとも、評判どおり綺麗な船でした。1等客室はシティホテルのツインルームのようにしっかりベッドメイクされ、清掃も行き届いており、寝心地・居心地は快適そのもの。海を眺めながらの大浴場は、こちらはアメニティを含め観光ホテルのよう。バイキング形式の食事は、噂に違わず種類が多く、どれも高品質で、家族みんな大満足でうっかり食べ過ぎてしまう有様でした。(いつもの光景)

この姉妹船はいずれも全長199.9m、排水量15,000トンクラスの大きな船。外海での揺れも少なく快適でした。念のため乗船直前に酔い止め薬を飲んでいたこともあり、家族全員まったく船酔いなし。夜のライブパフォーマンスや、昼のラウンジコンサートも楽しめました。安価な移動手段でありながら、流行りの大型クルーズ客船、たとえば飛鳥IIやMSCスプレンディダやクアンタム・オブ・ザ・シーズのようなエンタメテイストを、少しだけですが感じさせてくれるフェリーでした。

北海道内の話はまた別項にて。

コメントを残す

あなたのコメント

*